東京で屋形船

ザ・ニッポンな屋形船宴会

以前勤めていた東京の会社で年に一度、屋形船での宴会が恒例でした。
小さい会社でしたので、社員全員が同じ船に乗り込み食事をしながら船を楽しむという、
アットホームな宴会です。でもそれが社員みんな気に入っていて、
親睦を深めるにはいい機会だったと思っています。

 

毎年のことなのですが、東京の屋形船でのてんぷらを食べながらの東京の夜景は格別です。
一度、海外のお客様がちょうどその宴会の日に来ていたので招待したところ、
とても喜んでいただけました。彼らにはサムライ映画に出てくるシーンのように見えたようで、
こんな伝統が未だに残っているのはとてもスバラシイと熱く語っていました。

 

確かに、東京の屋形船に乗っての宴会という風景は、昔と変わらない日本の風景のひとつ
だと思いますし、ただ違うのは昔だったら、川沿いには高層ビルも、高速道路も
ライトアップされた橋も無かった、という事ぐらいでしょうか。
そんな昔ながらの風景と近代的な風景を、一緒に楽しめるのも、屋形船なんでしょうね。
こういう風情ある屋形船がいつまで残っていられるのか、
少し心配になってしまします。できるならいつまでも屋形船に乗って、
てんぷらを食べながらライトアップされた橋の下をくぐってみたいものです。

 

ザ・ニッポンな屋形船宴会

 

 

会社でブームになった屋形船

会社で屋形船に乗ることがちょっとした流行になりました。
初めは隣の部の人たちが乗ったのですが、その話を聞いて、私たちの部も乗ることになりました。
船酔いする子たちもいるので、船と言うことで不安でしたが、海はなく川なので、
水面の揺れもなく、船自体もしっかりしているので船酔いすることなく過ごせました。

 

船の中はとても広く、私たちの人数を聞いてくださって、貸し切りにできる船を出してくれました。
よくテレビで見る屋形船はグループ同士で、テーブルを囲んでいますが、
人数によっては貸し切りにできる船サイズもあるのかなと思います。

 

料理は、前菜から、お肉や魚など、一人分づつテーブルに置かれていました。
到着してから、出てくるお料理や一人鍋もありました。季節によっては大人数用の鍋もあるので、
桜・紅葉・冬など季節ごとに屋形船を利用するのもとてもいいと思います。
私たちは貸し切りなので、東京の屋形船の中でビンゴゲームをしました。
マイクを使わなくても聞こえるのでマイクなど音響をかりることはなかったですが、頼めば貸してくれると思います。
川のそばにきれいな建物や有名な建物があれば、
邪魔をしない程度にアナウンスしてくれました。自分たちが屋形船に乗る目的、
「観光したい」「話をしたい」など伝えておけば、シチュエーションに沿ったサービスをしてくれると思います。

 

 

更新履歴